ActiveXが入らない場合の手順

1.Internet Explorer 11を
管理者として実行する
 
Internet Explorer 11を管理者として実行するには、以下の操作手順を行ってください。
 
起動しているInternet Explorer 11をすべて終了します。
「スタート」→「すべてのアプリ」の順に左クリックします。
「Windowsアクセサリ」を左クリックし、「Internet Explorer」を右クリックして、
表示された一覧から「管理者として実行」を左クリックします。
「ユーザーアカウント制御」が表示されます。「はい」を左クリックします。
 
2.互換表示設定
 
Internet Explorer 11の「ツール」→「互換表示設定」を左クリックします。
「追加するWebサイト」にDVRやNVRやIPカメラのIPアドレスを入力し
「追加」を左クリックします。
すでにIPアドレスが入力されている場合は、そのまま「追加」を左クリックします。
「閉じる」を左クリックするとInternet Explorer 11が更新されます。
Internet Explorer 11を閉じ再度Internet Explorer 11を管理者として実行してください。
 
3.署名が無効でもソフトウェアの
実行またはインストールを許可する
 
Internet Explorer 11の「ツール」→「インターネットオプション」を左クリックします。
「詳細設定」タブを左クリックします。
「セキュリティ」の中の「署名が無効な場合でもソフトウェアの実行またはインストールを
 許可する」にチェックを入れます。
「適用」を左クリックします。「OK」を左クリックします。
Internet Explorer 11を閉じ 再度Internet Explorer 11を管理者として実行してください。
 
4.ActiveXコントロールなどの
ウェブブラウザの実行を有効にする
 
Internet Explorer 11の「ツール」→「インターネットオプション」を左クリックします。
「セキュリティ」タブ→「レベルのカスタマイズ」を左クリックします。
・ActiveXコントロールでのマルウェア対策ソフトウェアの実施 有効にする
・ActiveXコントロールとプラグインの実行 有効にする
・ActiveXコントロールに対して自動的にダイアログを表示 有効にする
・ActiveXフィルターを有効にする 有効にする
・ActiveXを警告なしで使用することを承認済みのドメインにのみ許可する 有効にする
・スクリプトレットの許可 ダイアログを表示する
・スクリプトを実行しても安全だとマークされていないActiveXコントロールの初期化と
スクリプトの実行 ダイアログを表示する
・スクリプトを実行しても安全だとマークされているActiveXコントロールのスクリプトの実行
  ※1 有効にする
・バイナリビヘイビアーとスクリプトビヘイビアー 有効にする
・外部メディアプレーヤーを使用しないWebページのビデオやアニメーションを表示 有効にする
・署名されたActiveXコントロールのダウンロード ダイアログを表示する
・前回使用されなかったActiveXコントロールを警告なしで実行することを許可 有効にする
・未署名のActiveXコントロールのダウンロード ダイアログを表示する